ビジネスローンは短期の資金繰りに活用するもの。短期の資金繰りに活用するコツ

ビジネスローンを利用するときにとくに注意しなければならない点は「ビジネスローンは短期の資金繰りに利用するもの」ということです。今回はこの理由について解説します。

ビジネスローンは短期の資金繰りに活用すべきもの

ビジネスローンは

  • 最短即日融資
  • 審査が甘い
  • 無担保
  • 第三者保証人なし

という「借りやすい」という最大のメリットがある代わりに

  • 金利が高い

ローンサービスです。

一般的なビジネスローンの金利は

5.0%~15.0%

となっています。

concierge
ビジネスローンも、融資額が大きく、信用力が高ければ5.0%とそれほど高い金利の印象は受けませんが、現実的には初回で下限金利が適用される可能性は少なく、ほとんどは10.0%を超える金利が設定されると考えておくべきものなのです。

中小企業における銀行融資の金利

1.0%~4.0%

ですから、3倍~5倍の高金利設定となってしまうのです。

利息の比較

1000万円の借入をした場合

  • ビジネスローン 12.0%
  • 銀行融資 3.6%

だとすると、これらは年率ですから

月率に直せば

  • ビジネスローン 1.0%
  • 銀行融資 0.3%

毎月の利息

  • ビジネスローン 10万円
  • 銀行融資 3万円

という月7万円もの利息返済の差になってきます。

この利息差が毎月の損益に大きくヒットしてきてしまうため、ビジネスローンの金利というのは長期間の資金調達には不向きなのです。
concierge
銀行融資の審査に落ちたからと言って、無計画にビジネスローンを恒常的な運転資金としてしまうと、より利益を出すことが難しい損益状態に陥ってしまうのです。

短期の資金繰りに活用するコツ

1.売上が見込めている資金調達に利用する

  • 受注が決まっていて原材料の仕入に利用する
  • 受注が決まっていて人員の補充に利用する
    ・・・

というのであれば、高金利のビジネスローンであっても、それほど大きな問題はありません。売上が入金されるまでの期間の一時的な資金繰りとしては、最短即日融資ができて、審査が甘いビジネスローンはうってつけだからです。

2.つなぎ資金として利用する

  • 不動産の売却が決まっているが売却までの期間の資金調達が必要
  • 売掛金の入金が決まっているがその期間までの運転資金が必要
  • 銀行融資の審査がおりるまでの期間、資金が必要
    ・・・

つなぎ資金というのも、すでに入金が見込めているものですから、ビジネスローンを利用して資金調達しても全くもんだいありません。

3.高金利のローンの借り換えとして利用する

ビジネスローンでも、高金利のビジネスローンと低金利のビジネスローンがあります。高金利のビジネスローンを完済して、低金利のビジネスローンに借り換えることができれば、十分にメリットがある利用方法と言えます。

4.同時並行で低金利の銀行融資の道を探る

man
「上記のような入金が見込めている状況ではなく、資金繰りが切迫している」

という経営者の方がビジネスローンを選択肢にするケースも多いはずです。

この場合に重要になるのは「同時並行で低金利の銀行融資の道を探る」ということです。

運転資金が枯渇してしまい、すぐに資金が必要というケースでビジネスローンを利用することは決して間違った判断ではありません。

何しろ、ビジネスローンは即日融資が可能で、審査も甘いのです。

concierge

しかし、ビジネスローンで借りられたとしても、それは応急処置にすぎず、そこで終わりにせずに、継続して低金利の銀行融資の道を探るべきなのです。

低金利の銀行融資が借りられたら、その資金でビジネスローンの残債を完済して、借り換えれば、結果的に短期の資金繰りにしかビジネスローンは利用していないことになります。

「ビジネスローンで資金調達できたから、安心」と甘んじてはいけないのです。継続して低金利の資金調達方法を探しましょう。

まとめ

ビジネスローンを利用する理由というのは様々だと思いますが、決して忘れてはいけないことは

ビジネスローンは高金利のローン → 短期の利用にとどめるべき

ということです。

「銀行から借りられない。」「すぐに資金が必要。」という状況で活躍するビジネスローンですが、そのまま何年も継続して利用すべきものではないのです。長期の資金繰り方法を継続的に探す努力をしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です