【最新】ビジネスローンキャンペーン比較「金利優遇?無利息?」キャンペーンの活用法

man
「ビジネスローンのキャンペーンって何?」
「キャンペーンがあるビジネスローンの方がお得なの?」
・・・

ビジネスローンを検討している法人経営者や個人事業主でビジネスローンのキャンペーンに対して疑問を持っている方は少なくありません。今回はビジネスローンの最新キャンペーンとキャンペーンの活用法について解説します。

目次

ビジネスローンのキャンペーンとは?

ビジネスローンのキャンペーンとは

ビジネスローン会社が不定期で行う顧客獲得のための優遇特典・優遇サービスのこと

です。

ビジネスローンにも繁忙期があります。2月~3月、8月~9月という決算月、半期のタイミングで

  • 繁忙期による売上増加で資金繰りが回らなくなったり
  • 来期のための設備投資や新規事業で費用が必要になったり
  • 決算が悪くなる前に借りておきたいという会社があったり
    ・・・

など様々な事情で、資金調達の需要は増えるのです。

man
「需要が増える時期にビジネスローンの顧客を増やしたい。」

と考えるビジネスローン会社がキャンペーンを積極的に展開しているのです。

ビジネスローン会社も、3月決算という会社は少なくありませんから、繁忙期でなくても、目標達成のための追い込みとしてキャンペーンを活用するケースもあります。

利用する側にとっては、ビジネスローンのキャンペーンは「お得」なものですから、利用しない手はないのですが、キャンペーンにも色々な種類があり、選び方に注意が必要なのです。

「ギフト券・ポイント」プレゼントキャンペーン

「ビジネスローン申込をすると2,000円分のギフト券プレゼント!」

というキャンペーンです。金利優遇など商品性を変えることのハードルが高い大手のビジネスローン会社が行うことが多いキャンペーンです。1,000円~3,000円程度の設定が多くなっています。

キャンペーン活用のコツ

無視してビジネスローンを比較する

ギフト券やポイントはあった方がお得なのは間違えありませんが、数十万円、数百万円の借入に対して、1,000円~3,000円程度のお得はほとんどないに等しいものです。

100万円の借入の場合

  • 年利15% → 年間15万円の利息
  • 年利14% → 年間14万円の利息
  • 年利13% → 年間13万円の利息

と毎月の返済を考慮せずにざっくり計算すれば、このような利息負担になります。2,000円分のギフト券プレゼントは、金利換算にすれば年率0.2%程度の価値しかないのです。

concierge

1,000円~3,000円程度のお得よりも

  • 少しでも低金利のビジネスローンを選ぶ
  • 審査が通りやすいビジネスローンを選ぶ

方が何倍も重要なことなのです。

「ギフト券・ポイント」プレゼントキャンペーンの金利換算

※1年のコストで換算

100万円借入の場合
  • 1,000円分プレゼント → 金利0.1%
  • 2,000円分プレゼント → 金利0.2%
500万円借入の場合
  • 1,000円分プレゼント → 金利0.2%
  • 2,000円分プレゼント → 金利0.4%
1000万円借入の場合
  • 1,000円分プレゼント → 金利0.01%
  • 2,000円分プレゼント → 金利0.02%

「ギフト券・ポイント」プレゼントキャンペーンが多いビジネスローン

無利息キャンペーン

「はじめてのお客様は○○日は金利0%で利用できます!」

というキャンペーンです。無利息期間があるキャンペーンは比較的ローン商品の中では多く、使い勝手も良いキャンペーンと言えます。キャンペーンと言いながらも、商品設計の要素もあるので、一時的に無利息期間を設定するビジネスローンよりも、恒常的に無利息期間を設けているビジネスローンが多いようです。

キャンペーン活用のコツ

無利息期間中の完済を目指す

「無利息 = 金利0%」ということですから、「無利息期間30日」であれば、30日以内に返済すれば100万円借りても、100万円の返済で済みますし、1000万円借りても、1000万円の返済で済むのです。無利息期間中に完済してしまえば、利息は0円、コスト0円で資金調達できることになります。

これは大きなメリットと言っていいでしょう。

ビジネスローンはそもそも高金利を前提にしたローン商品であるため、無利息期間がなくても、「早期完済」「短期の利用」を目指すものです。

concierge

無利息キャンペーンを実施しているビジネスローンを選べば「早期完済」「短期の利用」の猶予期間が長くなるのです。

ビジネスローン金利を比較したうえで、金利が近い水準であれば、迷わず無利息キャンペーンを実施しているビジネスローンを選ぶべきです。

金利12.0%のビジネスローンで無利息期間がある場合とない場合の比較

100万円借入
  • 無利息期間なし = 100万円 × 12.0% = 利息12万円
  • 30日間無利息  = 100万円 × 12.0% × 11/12ヵ月 = 利息11万円

12カ月のうち1か月分金利が発生しないのですから、金利12.0%なら、金利1.0%分低金利になる効果がるということです。

金利11.0%のビジネスローン = 30日間無利息がある金利12.0%のビジネスローン

ということになります。1年間のコストで見た場合ですので、2年目以降は金利11.0%のビジネスローンがお得です。

無利息キャンペーンの金利換算

※1年のコストで換算

金利12.0%の場合
  • 30日無利息 → 金利1.0%
  • 45日無利息 → 金利1.5%
  • 60日無利息 → 金利2.0%
金利15.0%の場合
  • 30日無利息 → 金利1.25%
  • 45日無利息 → 金利1.625%
  • 60日無利息 → 金利2.5%

無利息キャンペーンが多いビジネスローン

金利優遇キャンペーン

「はじめての方は、今なら金利○○%優遇!」

という直接的に金利を優遇する、低金利になるキャンペーンです。金利優遇は直接的な金利割引ですから、優遇後の金利が他のビジネスローン金利よりも低金利であれば、十分にメリットがあるビジネスローンと言えます。

ビジネスローンの場合、上限金利は利息制限法ギリギリの設定が多いので

  • 100万円以下 → 上限金利18.0%
  • 100万円超  → 上限金利15.0%

が金利優遇2.0%であれば

  • 100万円以下 → 上限金利16.0%
  • 100万円超  → 上限金利13.0%

となるのですから、他のビジネスローンよりも低金利が適用される可能性が高まるのです。

金利優遇キャンペーンが多いビジネスローン

ビジネスローンキャンペーン比較のコツ

キャンペーンは金利換算してから、他のビジネスローンと比較する

キャンペーンというのは金利に換算することができます。

プレゼントキャンペーンの場合

金利換算 = お得になる金額 / ( 金利(上限金利) × 借入額 )

3000円のプレゼント、100万円の借入、上限金利15.0%の場合

金利換算 = 3000 / ( 15.0% × 100万円 ) = 0.2%

無利息キャンペーンの場合

金利換算 = 金利(上限金利) × 無利息期間 / 365日

無利息期間45日、100万円の借入、上限金利15.0%の場合

金利換算 = 15.0% × 45日 / 365日 = 1.85%

金利優遇キャンペーンの場合

金利換算 = 優遇金利

となります。

例:100万円の借入でビジネスローンを比較する場合

  • A社:キャンペーンなし:ビジネスローン上限金利15.0%
  • B社:3000円分のギフト券プレゼント:ビジネスローン上限金利15.0%
  • C社:無利息期間45日:ビジネスローン上限金利15.0%
  • D社:金利優遇2.0%:ビジネスローン上限金利15.0%

という場合はキャンペーンを金利換算すると

  • A社:15.0%
  • B社:14.8%
  • C社:13.15%
  • D社:13.0%

となるので「D社:金利優遇2.0%:ビジネスローン上限金利15.0%」が一番低金利なビジネスローンとなるのです。

ただし、これは1年目の1年間のコスト比較のケースです。

2年以上借り入れる場合、ギフト券プレゼントや無利息期間は、2年目は適用されないので、利息負担は変わりません。金利優遇キャンペーンの場合は、優遇条件に期間がなければ2年目も適用されます。

つまり

  • A社:キャンペーンなし:ビジネスローン上限金利11.0%
  • B社:無利息期間30日:ビジネスローン上限金利12.0%

を比較した場合に

1年以内に完済するという方の場合は、利息負担は同じです。

A社:11.0% = B社:11.0%(無利息30日は1.0%分の金利換算)

しかし、完済が2年目以降になってしまうという方の場合は

A社:11.0% < B社:12.0%

となってしまうので、この場合は「A社:キャンペーンなし:ビジネスローン上限金利11.0%」を選ぶ方が良いということです。

キャンペーン展開中のビジネスローンの方が審査に通りやすい!?

これはビジネスローン会社の審査方針にも関係してくるのですが・・・

キャンペーンを展開している = 顧客獲得に積極的

ということを意味します。

ビジネスローン自体はスコアリングシステムによって、想定される貸し倒れ率を計算し、そこにビジネスローン会社の収益分を上乗せすることで、審査の可否、融資可能額、適用金利が決まる仕組みとなっています。

man
「是が非でも、今月は顧客獲得数を1.5倍に増やさなければ、今期の目標が達成できない。」

というケースでは、貸し倒れ率をいじることはありませんが、ビジネスローン会社の収益分を抑えて、審査に通る会社の許容範囲を広げるような調整はありうるのです。

当然、顧客が増やしたくても、審査基準は絶対に変えないという方針のビジネスローン会社もありますが、「キャンペーンを展開している = 顧客獲得に積極的」なビジネスローン会社の方が審査も通りやすい可能性があるということなのです。

concierge
ビジネスローン審査に不安を感じる方は、キャンペーンを展開しているビジネスローンを選ぶというのも、審査を通るための選択肢の一つと言えます。

審査に通るのであれば「キャンペーンのはしご」もできる!?

審査に通るということが前提ですが、ビジネスローンは「借り換え」をすることができます。

ビジネスローンの借り換えとは

  • A社:金利15.0%、200万円の借入

という状態から

B社:金利13.0%のビジネスローンで200万円を借りて、ビジネスローンA社に完済することで、債務がA社からB社に移行し、最終的に

  • B社:金利13.0%、200万円の借入

に移行することを意味します。

例えば

  • 30日間無利息キャンペーンをやっているビジネスローンA社

↓ 30日経過後に借り換え

  • 45日間無利息キャンペーンをやっているビジネスローンA社

とすれば、合計で75日間の無利息期間が利用できるのです。約2ヶ月半も無利息で資金調達できれば、かなり資金繰りは楽になるはずです。

ただし、この方法の注意点は

借り替える2社目の審査に通るない可能性が出てきてしまう

という点です。

concierge

1社目の申込時よりも、2社前の申込時は債務が増えている状態ですので審査のハードルが上がってしまうのです。2社目の審査に通らなければ、この方法は1社目の無利息期間で終わってしまいます。

また、無利息期間を提供しているビジネスローンは数が少ないことにも注意が必要です。何度もできる方法ではありません。

ビジネスローンキャンペーン比較/2017年11月最新

※キャンペーンがないビジネスローンはキャンペーンが表示されません。

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」キャンペーン 2017年11月最新情報

【常時】はじめての方最大45日間無利息

プロミス自営者カードローンキャンペーン 2017年11月最新情報

【常時】はじめての方なら最大30日間無利息

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

【常時】最大2,000円分のプリペイドカード

CREST for Biz(クレスト フォービズ)キャンペーン 2017年11月最新情報

【常時】実質年率2.0%の金利優遇

まとめ

ビジネスローンには、ビジネスローン会社が顧客獲得を重視するときに展開されるキャンペーンがあります。

主なキャンペーンには

  1. ギフト券やポイントのプレゼントキャンペーン
  2. 無利息キャンペーン
  3. 金利優遇キャンペーン

がありますが、どれも「金利換算」することが可能ですので、キャンペーンのお得度を「金利換算」して、上限金利から差し引けば、キャンペーンを展開していないビジネスローンとも金利比較をすることが可能です。

concierge
ビジネスローンは、審査が通りやすい分、金利が高く設定されているローン商品ですから、「早期完済」「短期利用」を前提にした資金調達方法です。キャンペーンを活用することで、多少は返済までの猶予が伸びるので、積極的にキャンペーンを活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です