「つなぎ融資」こそ、ビジネスローンが活躍する資金使途!「つなぎ融資」におすすめのビジネスローンとは?

man
「つなぎ融資ってビジネスローンも使えるの?」
「つなぎ融資におすすめのビジネスローンを教えてください。」
・・・

会社経営をしていると、当然のように資金繰りが一時的に悪化する状況が訪れます。そのときに利用されるのが「つなぎ融資」ですが、銀行や日本政策金融公庫よりも、ノンバンクの「ビジネスローン」の方が「つなぎ融資」には向いているのです。その理由を解説します。

目次

そもそも、「つなぎ融資」とは?

そもそも、「つなぎ融資」とは?

「つなぎ融資」とは

債務者の資金繰りのために一時的に実行される融資のこと。ブリッジローン(bridge lian)とも呼ばれる

要するに

資金調達の目途がたってはいるものの、その資金が調達できる前に資金が必要な状況に陥った場合に利用されるのが「つなぎ融資」なのです。

資金調達の目途がたってはいるものの、その資金が調達できる前に資金が必要な状況に陥いるケース

会社・法人

大口の注文が入って、商品を生産した場合

先に商品を生産する原材料のコストや、生産する人員の人件費などが発生してしまいます。商品を納品したのちに売上が計上され、数カ月後に入金されるのですから、当然その間の期間は資金繰りが悪化します。

売上の上昇が許容範囲内であれば、会社の資金の中でやりくりできるはずですが、売上が急激に何倍、何十倍にも増えてしまうと、会社の保有している資金では賄えずに、外部から資金調達をしなければならないのです。

資金調達は、大口の注文の売掛金が入るまでの期間だけで良いので、通常の「融資」ではなく、「つなぎ融資」が必要となるのです。

銀行や政府系金融機関からの大口の融資が決まりそうだが、融資実行までに時間がかかる場合

銀行や政府系金融機関は、融資申し込みから融資実行まで、早くても3週間、遅ければ数カ月時間がかかってしまいます。

銀行や政府系金融機関の方が、ノンバンクの「ビジネスローン」よりは金利が低金利ですので、理想は資金調達の全額を銀行や政府系金融機関で賄うことなのですが、融資が実行されるまで、審査が終わるまでの期間に全く資金調達ができないと資金繰りが回らないケースもあります。

このときに、銀行や政府系金融機関からの融資が下りる間の期間に、「つなぎ融資」が必要となるのです。

不動産売買を本業とする不動産会社が物件を仕入れて売る場合

不動産売買では、1億円で物件を仕入れて、1億2,000万円で売却するということも日常茶飯事に行われます。不動産会社は、このケースであれば、2,000万円の利益が出るのですが、仕入れるためには1億円のお金が必要になります。

2カ月~3カ月で売却ができると仮定すれば、その期間だけ「つなぎ融資」が必要となるのです。

個人

注文住宅を建てる場合

注文住宅を建設する場合というのは、一般的に着工金、中間金、建物残金という3回の支払を建設会社に支払わなければなりません。土地を購入するのであれば、一番はじめに土地の購入代金が必要になります。

住宅ローンが下りるのは「建物が建ってから」ですので、住宅ローンの融資が下りる前に資金が必要になるのです。

土地の購入や着工金、中間金の支払のタイミングから、銀行から住宅ローンの融資金額が受け取れるまでの期間に「つなぎ融資」が必要となるのです。

このように

将来の資金調達の目途が立っているのに、それよりも先に資金調達が必要になった時に、一定期間融資を受けることを「つなぎ融資」と呼ぶのです。

「つなぎ融資」には、「ビジネスローン」がおすすめの理由

「つなぎ融資」には、「ビジネスローン」がおすすめの理由

その1.「ビジネスローン」なら最短即日で融資が受けられる!

「ビジネスローン」が「つなぎ融資」に向いている理由は

融資スピード

です。

前述した例で考えてみると・・・

急に大口の注文が入ったので、商品を生産するためには、下請け業者や原材料メーカーにすぐに発注しなければならない。

→ 「つなぎ資金」がすぐに必要

銀行や政府系金融機関の融資が下りるまでの間の資金が必要

→ 「つなぎ資金」がすぐに必要

高く売れそうな不動産物件が出てきたので、すぐに購入しなければならない

→ 「つなぎ資金」がすぐに必要

「つなぎ資金」は、今すぐに必要となるケースが多いのです。

「つなぎ融資」に時間がかかるのであれば、そもそも「つなぎ融資」を利用する意味がなくなってしまうからです。

「ビジネスローン」であれば

  • 最短即日融資
  • 最短即日審査

が可能ですので、遅くとも3営業日以内には融資実行まで行くはずです。

この早さがあるからこそ、「ビジネスローン」は「つなぎ融資」に向いているのです。

その2.「ビジネスローン」なら審査が甘い!

「ビジネスローン」は、銀行融資と比較すると

金利が高い

というでメリットがありますが、これは言い換えると

金利が高い = 金融機関にとっては利息収入が大きくなるため、許容できる貸し倒れリスクが大きい

ことになります。

つまり、金利が高いからこそ、審査のハードルが大きく下げることができるのです。

前述した通りで「つなぎ資金」の資金需要というのは、急に発生します。

急に資金が必要となったときに、審査が厳しい「銀行融資」「政府系金融機関の融資」に申し込んで、審査落ちしてしまえば、また「つなぎ資金」を手に入れるまでの時間が伸びてしまうのです。

「ビジネスローン」は審査が甘く、融資を受けられる可能性が高いため、「つなぎ融資」に向いているのです。

その3.保証人や担保が不要!

「銀行融資」のように

保証人が必要

となってしまうと、保証人を探す時間が無駄に必要になってきます。

担保が必要

となってしまうと、財産がない会社・個人では融資は受けられません。

「ビジネスローン」の場合は

  • 保証人ない
  • 無担保

ですので、「保証人」「担保」が必要なく、申込が可能です。

申込の準備が不要とだからこそ、すぐに申込をすることができるので、「つなぎ融資」に向いているのです。

その4.コンビニATMでも借りられる!

「ビジネスローン」の中には

  • ローンカード型のビジネスローン

があります。

ローンカード型のビジネスローンとは

極度額(限度額)が設定されて、その枠の範囲内であれば、コンビニATM・銀行ATMで、何度でも借入・返済ができるビジネスローンのこと

を言います。

「枠」が決まっていて、ローンカードの「枠」の範囲内で出し入れが可能になる

ということです。

ローンカード型のビジネスローンに申し込んで、「枠」さえ、持っておけば

いつでも、「つなぎ資金」が借りられる

ことになります。

  1. 「つなぎ資金」が必要になったら、ローンカードで借り入れをする
  2. 予定通りの入金があって、「つなぎ資金」が不要になったら、ローンカードで返済して「枠」を元に戻す

と、繰り返すことで、緊急事態のときの「つなぎ資金」の確保ができるのです。

ローンカード型のビジネスローンこそ、枠の範囲内で何度も借入・返済ができるので、「つなぎ融資」に向いているのです。

まとめ

「つなぎ資金」というのは

  • 急に必要になる
  • 融資が受けられなければ意味がない
  • 融資が受けられるまでに時間がかかってしまえば意味がない

その代わり

  • 金利が高くても、一定期間で完済するので問題がない
  • 金融機関の信頼性が低くても、一定期間で完済するので問題がない

という性質があり

「ビジネスローン」には

  1. 「ビジネスローン」なら最短即日で融資が受けられる!
  2. 「ビジネスローン」なら審査が甘い!
  3. 保証人や担保が不要!
    コンビニATMでも借りられる!

という特徴があるので、「ビジネスローン」が「つなぎ融資」には、うってつけのローン商品なのです。

「つなぎ資金」を調達する資金調達方法別のメリットデメリット

「つなぎ資金」を調達する資金調達方法別のメリットデメリット

「ビジネスローン」以外にも、「つなぎ資金」を調達する方法はあります。方法ごとに「つなぎ資金」を借りるときのメリットデメリットを比較していきます。

「ビジネスローン」で「つなぎ資金」を調達するメリットデメリット

メリット

  • 最短即日で借りられる
  • 審査が甘い
  • 保証人が不要
  • 担保が不要
  • ローンカード型であれば「枠」の範囲内で何度でも借入・返済が可能
  • ローンカード型であれば、コンビニATM、銀行ATMで24時間365日借入・返済が可能

デメリット

  • 金利が高い

前述した通りで、「金利が高い」というデメリットがありますが、「つなぎ資金」は長く借り続けるものではなく、一時的に借りるものですので「金利が高い」からと言っても、利息負担はそれほど大きくなりません。

「ビジネスローン」は有効な「つなぎ融資」と言えます。

「ファクタリング」で「つなぎ資金」を調達するメリットデメリット

ファクタリングとは

売掛債権を売掛金の入金前にファクタリング会社に譲渡して資金化する資金調達方法のこと

を言います。

メリット

  • ビジネスローンよりも審査が甘い
  • 最短1営業日で資金化できる

デメリット

  • 売掛債権がなければ利用できない
  • ファクタリング手数料がビジネスローン金利の利息負担よりも大きい

大口の注文が入って資金繰りが悪化し、「つなぎ融資」が必要になるシチュエーションでは、「ビジネスローン」で「つなぎ資金」を借りるという選択肢意外に、その売掛債権そのものを売却するという方法が取れるのです。

「ファクタリング」も、「つなぎ資金」を手に入れるために有効な方法であることは間違えありませんが、ファクタリング手数料が平均20%と高額なため、受け取れる金額がかなり目減りしてしまうのです。

  • 「ビジネスローン」金利:年率15.0%
  • 「ファクタリング」手数料:買取額の20.0%(1カ月~2カ月)

ですから、「ビジネスローン」金利の方が低金利であることがわかります。

コスト面でも、「ビジネスローン」の方が優れているのです。

「ファクタリング」の方が有利なこととしては

「ビジネスローン」よりも審査が甘い

という点にあります。

「ファクタリング」審査では、「ファクタリング」を利用する会社ではなく、売掛債権の売掛先の信用力が重要になります。

「ファクタリング」を利用する会社は

  • 赤字であっても
  • 税金未納であっても
  • リスケ中であっても
  • ビジネスローン審査に落ちた方でも
    ・・・

「ファクタリング」は利用できる可能性があるのです。

「つなぎ融資」として検討していた「ビジネスローン」の審査に落ちてしまった場合は、「ファクタリング」が有効な選択肢となります。

「手形割引」で「つなぎ資金」を調達するメリットデメリット

手形割引とは

手形で支払いを受けた業者が、手形の支払日よりも前に金融機関に手形を売却して、資金化する資金調達方法のこと

を言います。

メリット

  • 銀行融資よりも審査が甘い
  • 最短数日で資金化できる
  • 手形の割引料は、ファクタリング手数料よりは安い

デメリット

  • 手形を保有していなければ利用できない
  • 手形の支払人が手形の資金を払えなかった場合には買戻し義務が発生する

「手形割引」は、手形で支払いを受けている下請け企業が「つなぎ資金」を確保するために、手形の満期日前に手形を譲渡することを言います。これも有効な「つなぎ融資」の一種です。

「不動産担保ローン」で「つなぎ資金」を調達するメリットデメリット

不動産担保ローンとは

不動産を担保に融資を受ける資金調達方法のこと

を言います。

メリット

  • 担保があるので銀行融資よりも審査が甘い
  • 担保の金額が高額なので高額な借り入れが期待できる
  • ビジネスローンよりも、低金利

デメリット

  • 不動産を保有していなければ利用できない
  • 融資実行までに時間がかある

「不動産担保ローン」は、不動産に絡んだ「つなぎ融資」で利用される機会が多い資金調達方法です。とくに不動産会社や投資家が不動産を転売するまでの期間で利用する「つなぎ融資」によく利用されます。

「銀行融資」で「つなぎ資金」を調達するメリットデメリット

メリット

  • ビジネスローンよりも、低金利

デメリット

  • 審査が厳しい
  • 融資実行までに時間がかかる
  • 担保や保証人を要求されることがある

「銀行融資」は、低金利というメリットがありますが、どうしても融資実行までに時間がかかってしまうため、「つなぎ資金」の調達には不向きな資金調達方法です。

「公的融資」で「つなぎ資金」を調達するメリットデメリット

メリット

  • ビジネスローンよりも、低金利

デメリット

  • 融資実行までに時間がかかる
  • 利用条件が決まっている

「公的融資」とは、日本政策金融公庫などの政府系金融機関による融資です。「銀行融資」以上に融資実行までに時間がかかってしまうため、「つなぎ資金」の調達には不向きな資金調達方法です。

まとめ

  • ビジネスローン
  • ファクタリング
  • 手形割引
  • 不動産担保ローン
  • 銀行融資
  • 公的融資

による「つなぎ融資」調達のメリットデメリットを比較してみると・・・

「つなぎ融資」として向いているのは

  • ビジネスローン
  • ファクタリング → 売掛債権が必要
  • 手形割引 → 手形が必要
  • 不動産担保ローン → 不動産が必要

「つなぎ融資」として向いていないのは

  • 銀行融資
  • 公的融資

と分類することができます。

「つなぎ資金」の調達を検討している方には

  1. まずは「ビジネスローン」を検討する

審査が落ちた場合には、持っている資産に応じて

  • 売掛債権を保有 → 「ファクタリング」を検討
  • 手形を保有 → 「手形割引」を検討
  • 不動産を所有 →「不動産担保ローン」を検討

という方法をおすすめします。

「つなぎ融資」に向いているビジネスローンの特徴には

  • 最短即日融資が可能
  • ローンカード型のビジネスローン
  • 審査のハードルが低い

ことが重要になるため

「つなぎ融資」に向いているビジネスローン

オリックスVIPローンカード BUSINESS

ビジネクスト「ビジネスローン」

【個人事業主】プロミス自営者カードローン

をおすすめします。