個人事業主のビジネスローン選び。審査・即日融資で個人事業主におすすめのビジネスローン

man
「個人事業主でもビジネスローンって使えるの?」
「カードローンと何が違うの?」
「総量規制の対象にはなるの?」
・・・

個人事業主、自営業者の方にとっても、事業のための資金調達は経営上重要な要素となります。今回は個人事業主のビジネスローン選びの注意点について解説します。

目次

個人事業主の資金調達は選択肢が狭い!?

個人事業主は法人と違って選べる資金調達方法の選択肢が狭い現状があります。

法人であれば

  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会の保証付融資
  • 銀行プロパー融資
  • 売掛債権譲渡のファクタリング
  • ABL(動産担保融資)
  • 不動産担保ローン
  • ビジネスローン
    ・・・

など、法人の経営状況に応じて様々な選択肢があるのですが

個人事業主の場合

  • 日本政策金融公庫 → 審査に通らない可能性が高い
  • 信用保証協会の保証付融資 → 審査に通らない可能性が高い
  • 銀行プロパー融資 → ほとんど難しい
  • 売掛債権譲渡のファクタリング → 法人でないと債権譲渡登記ができない
    ・・・

審査落ちの可能性が非常に高くなってしまうのです。

かといって

助成金・補助金なども、法人向けのものが多く、個人事業主が利用できる助成金・補助金もそれほど多くないのが』現状です。

それでも、まとまった資金調達が必要な状況は個人事業主にも発生します。

そのときの資金調達方法としては「ビジネスローン」も前向きに検討するべきなのです。

カードローンは事業性資金への利用はできない!

man
「カードローンで借りて、それを個人事業の資金にすれば良いのでは?」

と考える個人事業主の方も少なくありません。実際にそうしている方もいるかと思います。

しかし、カードローンは個人事業主の事業資金への資金利用は原則NGにしています。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

資金使途:使い道は自由(事業性資金は除く)

みずほ銀行カードローン

資金使途:自由(ただし事業性資金はご利用いただけません)

新生銀行カードローンレイク

資金使途:原則自由※ただし、事業性資金にはご利用いただけません。

となっています。

アコムやプロミスは明確に「資金使途:事業性資金はNG」としていませんが、カードローンとは別に個人事業主向けのビジネスローンを提供していることからも、カードローンでの事業性資金への融資とは切り分けて考えていることがわかります。

プロミス:自営者カードローン

アコム:ビジネスサポートカードローン

ビジネスローンって、個人事業主も利用できるの?

利用できます。

ただし、「個人事業主が利用できるビジネスローン」と「個人事業主が利用できないビジネスローン」があります。

一概には言えませんが傾向としては

  • 銀行ビジネスローン → 個人事業主の利用:×
  • 大手消費者金融ビジネスローン → 個人事業主の利用:
  • 中小消費者金融ビジネスローン → 個人事業主の利用:

となっています。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融は、個人向けのカードローンの延長線上のサービスとしてビジネスローンを提供しているところが多いため、

  • 法人利用:不可
  • 個人事業主利用:可

というビジネスローンを提供しているところが多いようです。

個人事業主がビジネスローンで資金調達をするメリット

最短即日融資が可能

最短即日融資が可能です。急な資金需要にも対応できるメリットがあります。

保証人なし

保証人が必要ありません。法人の場合は代表者としての連帯保証が必要になりますが、個人の場合は保証人不要で利用することができます。

個人事業主が保証人をつけるとなると家族や親族になることが多く、迷惑をかけることを敬遠する方も多いので「保証人不要」というのも大きなメリットと言えます。

総量規制対象外

総量規制とは

個人が借入を行う場合に借入の総額が、年収の3分の1までに制限される制度のこと

を言います。

年収が300万円の場合、ノンバンクからは最大でも100万円までしか借りることができないのです。

しかし、総量規制には「例外」が設定されています。

・個人事業主に対する貸付

は例外に該当するため、収入が少ない個人事業主でも、収入の3分の1以上の資金調達が可能になります。事業開始直後は収入が少ないことも多い為、総量規制対象外のビジネスローンを利用するというのは重要なポイントになるのです。

オリックスVIPローンカード BUSINESSのよくある質問にも

総量規制の対象になりますか?

A 以下の要件を全て満たす場合、総量規制の対象外(例外貸付)となります。

(1) お申し込みいただいたお客様(個人)の直近の確定申告書のご提出。
(2) お申し込みいただいたお客様(個人)の事業計画、収支計画および資金計画のご提出。
(3) お客様(個人)の事業計画、収支計画および資金計画に照らし、お客様(個人)の返済能力を超えない範囲でのお借入れ。

とあります。

個人事業主であることが証明されるのであれば、総量規制の対象外になるということです。

プライベート資金への利用も可能

カードローンの場合

  • プライベート資金への利用:○
  • 事業性資金への利用:×

ビジネスローンの場合

  • プライベート資金への利用:○
  • 事業性資金への利用:○

となります。

プロミス自営者カードローンには下記のように記載されています。

事業資金に限らず、プライベートな資金にもご利用可能です。

個人事業主の資金繰りは、個人としての生活費も、事業主としての事業性資金も、同じお財布で考えることが多い為、プライベート資金への利用も可能な点もメリットと言えます。

「枠」の範囲内で繰り返し利用できる

これはすべてのビジネスローンに該当するものではありませんが、プロミス、アコム、オリックスクレジットのような大手消費者金融ビジネスローンの場合は、ローンカード型のビジネスローンになります。

審査に通れば限度額(極度額)が設定され、その枠の範囲内であれば何度でも、コンビニATMで借入返済ができるのです。

今資金が必要でなくても、枠があればいつでも数分で資金調達ができるメリットがあります。

個人事業主でも審査が通る可能性が高い

個人事業主の場合は

  • 公的融資(日本政策金融公庫など)
  • 銀行融資(保障付融資、プロパー融資など)

の審査は、法人と比較すると厳しくなってしまいます。

しかし、ビジネスローンの場合は個人事業主であっても

  • 公的融資や銀行融資よりも審査が通りやすい

メリットがあるのです。

個人事業主がビジネスローンで資金調達をするデメリット

金利が高い

これは個人事業主に限った話ではありませんが

ビジネスローンは

  • 即日融資
  • 審査が甘い

という特徴がある反面

  • 金利が高い

資金調達方法です。

これは法人でも、個人事業主でも同じです。

個人事業主のビジネスローン選びのポイント

個人事業主向けのビジネスローンがおすすめ!

ビジネスローンには

  1. 「個人事業主」も「法人」も融資可能
  2. 「個人事業主」のみ融資可能
  3. 「法人」のみ融資可能

という3パターンのビジネスローンがあります。

個人事業主が利用できるのは

  1. 「個人事業主」も「法人」も融資可能
  2. 「個人事業主」のみ融資可能

の2種類ということになりますが

「個人事業主」のみ融資可能のビジネスローンがおすすめです。

なぜなら、

「個人事業主」も「法人」も融資可能なビジネスローンの場合

  • 法人と信用力で比較されてしまうため、審査では不利になりやすい
  • 法人がメインターゲットになっている可能性が高く、優先度が下がる

可能性があるからです。

「個人事業主」のみ融資可能のビジネスローンであれば

  • 比較される対象も個人事業主なので、個人事業主同士で信用力を比較されるので審査に通りやすい

のです。

「個人事業主」のみ融資可能のビジネスローンを提供してるのは大手消費者金融が多いので、大手の消費者金融が提供しているビジネスローンを優先して比較すべきと言えます。

大手消費者金融のビジネスローン審査が通らない場合は中小消費者金融のビジネスローンも検討する

大手消費者金融のビジネスローン審査が通らない場合は、中小消費者金融のビジネスローンも検討しましょう。

中小消費者金融のビジネスローンの場合は、「個人事業主」も「法人」も融資可能というところが多いので、個人事業主は審査が若干厳しくなってしまいますが、大手消費者金融のビジネスローン審査とは審査基準が異なるので審査に通る可能性も残されているからです。

大手消費者金融のビジネスローン審査では、スコアリングシステムという決算情報を入力すると自動的に審査結果が出てくる仕組みが採用され、青色申告決算書、収支内訳書の数字が審査のウェイトのほとんどを占めます。

中小消費者金融は、スコアリングシステムなどの大規模な仕組みを持っていないため、専任の審査担当者が独自の基準で審査を行う形になります。

大手消費者金融のビジネスローン審査には通らなくても、アナログな中小消費者金融のビジネスローン審査に通るということは往々にしてあるのです。

申込書類の準備が重要

法人の場合は

  • 「決算書」
  • 「登記事項証明書」

という公的な書類が存在します。

そのため、必要書類を用意するのは比較的簡単です。決まったフォーマットがあり、義務としてすべての法人が作成しているものだからです。

一方、個人事業主の場合は

  • 事業開始の届け出はしても、しなくても良い
  • 青色申告はしても、しなくても良い

のですから、これといった同じフォーマットの書類があるわけではないのです。

だからこそ、ビジネスローン会社はビジネスローンの審査時に提出書類を重視するのです。

プロミス:自営者カードローンの提出書類

収入証明書類

確定申告書(証明年度が前年分のもの)
青色申告決算書
収支内訳書

事業実態の証明書類

営業許可証(有効期限内のもの)
受注書/発注書/納品書/請求書/領収書/報酬明細に類する書類(発行日が直近1年以内のもの)

アコム:ビジネスサポートカードローンの提出書類

直近1期分の「確定申告書B(第一表)(写し)」(収受日付印が押印されたもの)
※ただし契約極度額が100万円超の場合は次の書類も必要

青色申告の場合 → 直近1期分の「青色申告決算書(写し)」
白色申告の場合 → 直近1期分の「収支内訳書(写し)」

オリックス・クレジット:オリックスVIPローンカード BUSINESSの提出書類

本人確認書類
確定申告書
経営状況申告書 (現在の事業状況および今後の事業計画、収支計画、資金計画について)

となっています。

とくに注意が必要なのは

「青色申告決算書」「収支内訳書」では事業実態がよくわからないケースも多い

ということです。

「青色申告決算書」「収支内訳書」は売上や経費などの数値面が記載されるものですが、「どんな個人事業をやっているのか?」はここから読み取れないことも多いのです。

concierge
とくに求められていない場合でも、事業内容がわかりにくいものである場合には、会社パンフレットやウェブサイトの情報など、事業内容を説明できる書類も一緒に提出すると審査に通る可能性が高くなります。

また、確定申告書はで税務署印または税理士印のあるものが必要になります。(ただし、電子申告の場合は税務署印・税理士印は不要です。)

個人事業主のビジネスローン選びの注意点

業歴が1年以上必要

個人事業主がビジネスローンを利用する際には最低1年間の事業歴が必要となります。

これはなぜかというと・・・

審査に1期分の「青色申告決算書」「収支内訳書」が必要になるからです。

1年経過していなければ、「青色申告決算書」「収支内訳書」が作れません。

審査する必要書類が作れないと申込すらできないのです。

concierge
業歴が1年経過しないうちは、他の資金調達方法も利用できないものがほとんどですので、家族や親族を頼ることをおすすめします。

長期の資金繰りに使うものではない!

前述した通りでビジネスローンは高金利というデメリットがあります。

金利が高いという商品の性格上

数年単位の長期間の資金繰り、例えば「運転資金」などに利用するのにはおすすめできない資金調達方法となっています。

  • どうしても、今月だけ支払いが間に合わない
  • 来月の入金があるまでの間のつなぎ資金が必要

という使い方であれば、高金利でもそれほど利息が膨らまないので良いのですが

  • 毎月の従業員への給与支払いのために利用する

というのであれば、高金利による利息負担が慢性的な経営上のコストとなってしまいます。

ビジネスローンは数年単位の長期の資金繰りに利用するものではなく、数か月単位の緊急時の資金調達方法として利用すべきものなのです。
concierge
運転資金、設備資金など長期の資金調達が必要な場合は、ビジネスローンで一時的な資金難を回避している間に法人化するなどして、銀行や公的融資などで低金利の資金調達ができる環境を作り上げてしまうことをおすすめします。

個人事業主におすすめのビジネスローン

プロミス自営者カードローン

プロミス自営者カードローンとは

プロミス自営者カードローンは、三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供している個人事業主向けのローンカード型ビジネスローンです。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、個人向けのキャッシングサービス「プロミス」をサービス展開している会社ですが、個人向けだけでなく、個人事業主向けに作ったカードローンが「プロミス自営者カードローン」なのです。

ビジネスローンですので、運転資金、つなぎ資金、起業資金、設備投資、仕入資金、従業員の給与支払い資金、納税資金など事業性資金の資金調達であれば何にでも利用することが可能です。カードローンの仕組みで事業性資金を借りられるスタイルのローンカード型ビジネスローンです。個人事業主向けのサービスであることに注意が必要です。

プロミス自営者カードローンの大きな特徴は「ローンカード型のビジネスローン」「最短1時間融資が可能」「プライベート資金の利用も可能」「限度額の範囲内で余裕があれば何度でも借入が可能」「三井住友銀行グループの信頼性」「Web完結で借入が可能」という点が挙げられます。

最高300万円と限度額はやや小さいものの、ローンカード型ですので基本的には枠(限度額)に余裕があれば、会社、家のお近くのコンビニATMで24時間借入が可能で、最短1時間融資が可能ですので緊急時にも利便性が高いビジネスローンとなっています。資金調達まで時間的猶予のない、個人事業主におすすめのビジネスローンです。

プロミス自営者カードローンキャンペーン 2017年11月最新情報

【常時】はじめての方なら最大30日間無利息

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

【常時】最大2,000円分のプリペイドカード

プロミス自営者カードローン商品概要

金融機関名SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
本社所在地(都道府県)東京都
タイプローンカード型ビジネスローン
下限金利6.30%
上限金利17.80%
最大限度額300万円
金利タイプ固定金利
事務手数料0円
毎月の最低返済額10万円借入時4,000円
個人事業主の利用
法人経営者の利用-
融資スピード最短即日
最長返済期間80ヶ月

オリックスVIPローンカード BUSINESS

オリックスVIPローンカード BUSINESSとは

オリックスVIPローンカード BUSINESSは、オリックス・クレジット株式会社が提供している個人事業主・法人経営者向けのローンカード型ビジネスローンです。オリックス・クレジット株式会社はオリックス株式会社の完全子会社の大手消費者金融です。

ビジネスローンですので、運転資金、つなぎ資金、起業資金、設備投資、仕入資金、従業員の給与支払い資金、納税資金など事業性資金の資金調達であれば何にでも利用することが可能です。

オリックスVIPローンカード BUSINESSの大きな特徴は「最短60分で審査回答、最短即日融資という圧倒的なスピード」「即時振込・即時返済サービスに対応」「大手消費者金融という安心感」という点が挙げられます。

ビジネスローンの場合は、最短即日融資ができるものが少ないのですが、オリックスVIPローンカード BUSINESSはスコアリングシステムにより、スピード審査、スピード融資を実現しているのです。また、限度額の枠を作っておけばいつでも借入・返済が可能で、即時振込・即時返済サービスに対応しているため、いざというときの支払いにも瞬時に対応してくれます。

オリックス・グループという信頼性やオリックスグループのレンタカーサービスやホテルなどが優待価格で利用できる特典などもあり、ビジネスローンを検討する上で第一の選択肢になりうるビジネスローンです。

オリックスVIPローンカード BUSINESS商品概要

金融機関名オリックス・クレジット株式会社
本社所在地(都道府県)東京都
タイプローンカード型ビジネスローン
下限金利6.00%
上限金利17.80%
最大限度額500万円
金利タイプ固定金利
事務手数料0円
毎月の最低返済額50万円借入時15,000円
個人事業主の利用○ ※1年以上の事業歴
法人経営者の利用
融資スピード最短即日
最長返済期間122ヶ月

個人事業主が利用可能なビジネスローン比較

人気ランキングビジネスローン名タイプ下限金利上限金利最大限度額個人事業主の利用法人経営者の利用融資スピードその他サービス・独自特典
1位ビジネクスト「ビジネスローン」
ビジネクスト「ビジネスローン」
ローンカード型ビジネスローン8.00%18.00%1,000万円最短即日売掛債権のファクタリング
2位オリックスVIPローンカード BUSINESS
オリックスVIPローンカード BUSINESS
ローンカード型ビジネスローン6.00%17.80%500万円○ ※1年以上の事業歴最短即日収支や借入返済に関するマネー相談ができる「カウンセリングデスク」
オリックスグループのビジネスホテルやレンタカー、ゴルフ場の割引
3位ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」
ローンカード型ビジネスローン9.98%18.00%500万円最短1日審査回答有担保での低金利「12.00%~14.95%」プランあり
4位プロミス自営者カードローン
プロミス自営者カードローン
ローンカード型ビジネスローン6.30%17.80%300万円-最短即日プライベートな資金にも利用可能。※生計費および事業費に限ります。
5位CREST for Biz(クレスト フォービズ)
CREST for Biz(クレスト フォービズ)
ローンカード型ビジネスローン6.00%18.00%300万円-数日ビジネス専用ラウンジが1年間無料
6位三鷹産業ビジネスローン
三鷹産業ビジネスローン
事業融資型ビジネスローン6.00%18.00%1,000万円当日中に審査回答、最短翌日融資商業手形割引/売掛債権担保ローン/不動産担保ローン
7位エス・ジー・ファイナンス「ビジネスローン」
エス・ジー・ファイナンス「ビジネスローン」
事業融資型ビジネスローン6.80%9.54%5,000万円最短即日-
8位静岡銀行「ビジネスクイックローン」
静岡銀行「ビジネスクイックローン」
銀行ビジネスローン5.00%14.90%500万円○静岡・東京・神奈川・愛知・大阪で事業展開している方-最短即日仮審査回答-
11位ユニーファイナンス「事業者向けビジネスローン」
ユニーファイナンス「事業者向けビジネスローン」
ローンカード型ビジネスローン12.00%17.95%300万円最短即日有担保での低金利「12.00%~14.95%」プランあり
12位ビジネスローンエール500
ビジネスローンエール500
事業融資型ビジネスローン9.80%18.00%500万円数日-
13位ニチデン「事業者ローン」
ニチデン「事業者ローン」
事業融資型ビジネスローン5.50%17.52%10,000万円最短即日-
14位東京スター銀行「スタービジネスカードローン」
東京スター銀行「スタービジネスカードローン」
銀行ビジネスローン6.50%14.50%500万円○ ※業歴1年以上○ ※業歴1年以上1週間~2週間-
16位楽天銀行「ビジネスローン」
楽天銀行「ビジネスローン」
銀行ビジネスローン--10,000万円○ ※業歴3年以上、債務超過・税金未納不可○ ※業歴3年以上、債務超過・税金未納不可2週間~6週間-

まとめ

個人事業主のビジネスローン選びのポイント

  • 個人事業主のみが利用可能なビジネスローンの方が審査に通りやすい
  • 大手消費者金融のビジネスローンがおすすめ
  • 大手消費者金融のビジネスローン審査に落ちた場合は中小消費者金融のビジネスローン
  • 提出書類以外に事業内容がわかる書類を添付する
  • ビジネスローンは短期の資金調達方法と考える
  • 長期の資金調達が必要な場合は法人化を検討する

という点が挙げられます。

資金調達の選択肢が少ない個人事業主にとっては、ビジネスローンは有効な解決策になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です