ビジネスローンのメリットはどこ?ビジネスローンのメリット徹底解説

ビジネスローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?ビジネスローンで資金調達をしようと考えている方は今一度ビジネスローンのメリットについて押さえておきましょう。今回はビジネスローンのメリットについて解説します。

ビジネスローンのメリット

その1.審査が甘い

ビジネスローンというのは、今はノンバンクが提供することの多い法人向けの融資サービスですが、元々は銀行がプロパー融資では審査が通せない、信用力の低い中小・零細企業に向けて開発したローン商品です。

銀行融資では審査に通せない中小・零細企業のためにプロパー融資よりも高金利に設定することで許容できる貸し倒れリスクの範囲を広げたローン商品
なのです。

もっと簡単に言えば、

金利が高い代わりに審査が甘いのがビジネスローン

なのです。

銀行融資の審査に通らない、銀行からの借入の枠がこれ以上増えない、中小企業、零細企業、個人事業主には「審査が甘い」というのは何よりも大きなメリットなのです。

その2.最短即日融資

ビジネスローンにもよりますが、金利が高い代わりに最短即日融資を可能にしています。

「なぜ、即日融資が可能か?」というと決算情報と申込み情報を元に自動的に審査結果が算出できる「スコアリングシステム」を導入しているからです。

「スコアリングシステム」を採用している場合、申込み依頼を受けた窓口の担当者が、決算情報尾入力するだけで融資可能か?どうか?の結果が出てきます。

最終承認は上長が決定するアナログの方式ですが、ほとんど自動で審査を行うので、審査ノウハウのない担当者でも審査ができますし、当然時間はかからないのです。

「スコアリングシステム」を導入している大手のノンバンクであれば、ビジネスローンは最短即日融資、最短30分審査としているところが多いのです。

銀行融資の場合は、融資担当者が面談して、稟議書を作成して、支店内で回覧して、場合によっては本店でも回覧して、やっと融資結果が出るのです。これでは2週間~3週間かかるのも当然なのです。

今すぐに資金が必要という会社では非常に重要なポイントになるのです。

その3.無担保

ビジネスローンは法人向け無担保ローンです。

一部の会社では、売掛債権担保ローンや不動産担保ローンを「ビジネスローン」という名称で提供しているため、若干ややこしいのですが、原則、ビジネスローンは「無担保ローン」のカテゴリになるローン商品です。

担保を用意できない企業にとっては大きなメリットです。

その4.第三者保証人なし

ビジネスローンは無担保でありながら、第三者の保証人が不要です。

「第三者」となっているのは、法人がビジネスローンを利用する際に、代表者(経営者)は連帯保証人になる必要があるからです。

これは銀行融資でも同様ですが、法人に代表者の連帯保証をつけずに融資をしてしまうと、法人が倒産してしまった時には誰も返済を保証してくれません。これでは銀行も、ノンバンクも、貸し倒れリスクが大きくなりすぎて融資ができなくなってしまうため、上場企業以外への融資では、銀行でも、ノンバンクでも、経営者を連帯保証人にするのです。

ビジネスローンでも、同様に経営者は連帯保証人になる必要がありますが、経営者本人以外の保証人は不要というのが、ビジネスローンの商品設計となっています。

その5.ローンカード型ならコンビニATMで借りられる

ビジネスローンでも、ローンカードが発行されるローンカード型のビジネスローンがあります。

ローンカードはコンビニATM、銀行ATMで借入、返済が可能です。限度額に余裕があれば、会社や自宅の近くのコンビニで資金調達ができるのです。

いざという時のためにローンカードを作っておく活用法もあります。

その6.ローンカード型なら限度額の範囲内で何度でも借りられる

ローンカード型のビジネスローンの場合は、限度額(極度額)を決定する形のローンサービスになります。個人向けのカードローンと同じです。

枠の範囲内で何度でも借入・返済ができるので、いちいちローン契約を結ぶ必要がないのです。

まとめ

ビジネスローンのメリットは

  • 審査が甘い
  • 最短即日融資が可能
  • 無担保
  • 第三者保証人なし
  • コンビニATMで借りられる

というものがあります。

中小企業、零細企業、個人事業主が銀行から借りられない、資金調達の日程的な猶予がない、担保や保証人が用意できないときにビジネスローンは活躍します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です