ビジネスローン利用経験者データから判明したビジネスローン審査に通りやすい金融機関・資金使途とは?

man
「どういう条件だとビジネスローン審査に落ちてしまうの?」
「審査に通りやすい条件って、どういう条件?」
「審査に落ちやすい条件を教えてください。」
・・

ビジネスローン審査になかなか通らない方、ビジネスローン審査に不安がある方にとっては「どういう方が審査に通って、どういう方が審査に落ちやすいのか?」を知ることは、重要な要素だと思います。今回は、実際にビジネスローンを利用したことのある経営者のアンケート調査データから、ビジネスローン審査に通る条件・落ちる条件を調査しました。

利用するビジネスローン利用経験者データ

調査設計

  • 調査時期:2019年5月
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査地域:全国
  • スクリーニング調査対象者:7,421人(会社経営者・個人事業主(自営業))
  • 本調査対象者:330人(会社経営者・個人事業主(自営業))

ビジネスローン審査に通る条件・落ちる条件

ビジネスローン審査に通る条件・落ちる条件
teacher

今回は

  • 1社目に申し込んだビジネスローン審査に通った人の割合
  • 1社目に申し込んだビジネスローン審査に落ちた人の割合

を各項目ごとに比較することで

  • どのような条件であれば、ビジネスローン審査に通りやすいのか?
  • どのような条件であれば、ビジネスローン審査に落ちやすいのか?

を明らかにします。

審査条件その1.地域別

地域件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
北海道2185.7%14.3%
東北地方1782.4%17.7%
関東地方13680.9%19.0%
中部地方4292.9%7.2%
近畿地方5984.7%15.3%
中国地方1593.3%6.7%
四国地方6100.0%0.0%
九州地方2688.5%11.5%

考察

地域別で言うと

  • 平均よりも審査に通りやすい地域:中部地方、中国地方、四国地方、九州地方、北海道
  • 平均よりも審査に通りにくい地域:東北地方、関東地方、近畿地方

となっています。

それほど大きな差があるわけではありませんが、西日本エリアの方が、ビジネスローン会社の数も多く、審査に通りやすい傾向があるようです。

審査条件その2.経営者年齢

年齢件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
15歳未満00.0%0.0%
15歳~19歳00.0%0.0%
20歳~29歳1421.4%78.4%
30歳~39歳2277.3%22.6%
40歳~49歳6487.5%12.5%
50歳~59歳12889.1%11.0%
60歳以上9489.4%10.7%

考察

  • 年齢が高ければ高いほど、ビジネスローン審査は通りやすい

結果となっています。

これは、年齢の若い経営者は、事業歴が短いことが審査にマイナスの影響があることを意味しています。

審査条件その3.社員数

社員数件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
1人:経営者(個人事業主)だけ2982.8%17.1%
2人以上~3人未満7092.9%7.1%
3人以上~5人未満6687.9%12.1%
5人以上~10人未満4691.3%8.7%
10人以上~20人未満4087.5%12.5%
20人以上~30人未満1770.6%29.4%
30人以上~50人未満1580.0%20.0%
50人以上~100人未満1485.7%14.3%
100人以上~1,000人未満1080.0%20.0%
1,000人以上~1540.0%60.1%

考察

審査に落ちる確率が高いのは

  • 20人以上~30人未満:29.4%
  • 30人以上~50人未満:20.0%
  • 1,000人以上~:60.1%

となっています。

社員数が多ければ多いほど、ビジネスローン審査は通りにくくなっています。推察ですが、社員数が多い方が、経営の立て直しが難しいことが理由だと考えられます。

審査条件その4.月商

月商件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
~10万円未満1100.0%0.0%
10万円以上~100万円未満3482.4%17.6%
100万円以上~500万円未満9890.8%9.2%
500万円以上~1,000万円未満4577.8%22.2%
1,000万円以上~3,000万円未満5487.0%13.1%
3,000万円以上~5,000万円未満2080.0%20.0%
5,000万円以上~1億円未満21100.0%0.0%
1億円以上~3770.3%29.7%
答えたくない1291.7%8.3%

考察

審査に落ちる確率が高いのは

  • 1億円以上~:29.7%
  • 500万円以上~1,000万円未満:22.2%
  • 3,000万円以上~5,000万円未満:20.0%
  • 10万円以上~100万円未満:17.6%

となっています。

月商が億単位でも、審査に落ちやすく、年商が10万円以上~100万円未満と小さくても、審査に落ちやすくなっています。しんさつうかりつが100%なのは「5,000万円以上~1億円未満」ですので、この規模の企業は審査に通りやすい可能性が高いのです。

審査条件その5.利用回数

利用回数件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
1回12094.2%5.8%
2回5080.0%20.0%
3回4077.5%22.5%
4回2080.0%20.0%
5回2190.5%9.6%
6回3100.0%0.0%
7回1100.0%0.0%
8回250.0%50.0%
9回1100.0%0.0%
10回以上6476.6%23.5%

考察

審査の通過率は

  • 初回利用:94.2%
  • 2回目:80.0%
  • 3回目:77.5%

と利用するごとに低くなっています。

利用回数が増えれば増えるほど、貸し倒れリスクが高まるとビジネスローン会社は判断していると考えられます。

審査条件その6.利用要因

利用要因件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
売上が減った6173.8%26.1%
予定していた収入が一時的に途絶えた7265.3%34.8%
運転資金が不足していた17683.0%17.1%
一時的に支出が増えた10684.0%16.0%
既存の借入れの返済資金が不足していた3056.7%43.2%
事業所移転や新規事業立ち上げ等の大きな変化があった6683.3%16.6%
売上増加が見込まれる5176.5%23.5%
その他14100.0%0.0%

考察

審査に落ちる確率が高いのは

  • 既存の借入れの返済資金が不足していた:43.2%
  • 予定していた収入が一時的に途絶えた:34.8%
  • 売上が減った:26.1%

となっています。

ビジネスローン利用の経緯では、「返済資金での借入」が一番審査に通りにくくなってしまう結果です。その次に「売上減少」がきます。

審査条件その7.資金使途

資金使途件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
取引先への支払い13884.1%15.9%
仕入資金11273.2%26.9%
他の借入の返済4665.2%34.8%
開業資金(起業資金)3860.5%39.4%
新規事業資金6076.7%23.4%
手形の決済3060.0%39.9%
設備投資8484.5%15.5%
季節資金2065.0%35.0%
つなぎ資金11480.7%19.3%
税金の支払い4575.6%24.4%
従業員への給料支払い4682.6%17.4%
広告宣伝費の支払い2166.7%33.4%
家賃の支払い1861.1%38.9%
その他977.8%22.2%

考察

審査に落ちる確率が高いのは

  • 手形の決済:39.9%
  • 開業資金(起業資金):39.4%
  • 家賃の支払い:38.9%

となっています。

手形の決済や家賃の支払いに窮してビジネスローンを利用するということは、破産一歩手間の状況と考えられてしまうためです。また、開業資金(起業資金)は、事業歴が全くないことになってしまうため、審査に通らない可能性が高いのです。

審査条件その8.金融機関

金融機関件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
都市銀行(みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行など)10681.1%18.8%
ネット銀行(楽天銀行、ジャパンネット銀行など)3455.9%44.0%
信託銀行2951.7%48.2%
地方銀行(東京スター銀行など)12085.0%15.0%
信用金庫12180.2%19.8%
信用組合3964.1%36.0%
労働金庫2152.4%47.7%
事業者金融(ビジネクスト、ビジネスパートナーなどのノンバンク)4459.1%41.0%
消費者金融(オリックスクレジット、プロミス、アコムなどのノンバンク)3253.1%46.8%
クレジットカード会社・信販会社(オリコなど)3865.8%34.1%
その他の金融機関3974.4%25.7%

考察

審査が通りやすい金融機関は

  • 地方銀行(東京スター銀行など):85.0%
  • 都市銀行(みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行など):81.1%
  • 信用金庫:80.2%

となっています。

ノンバンクでは

  • クレジットカード会社・信販会社(オリコなど):65.8%
  • 事業者金融(ビジネクスト、ビジネスパートナーなどのノンバンク):59.1%
  • 消費者金融(オリックスクレジット、プロミス、アコムなどのノンバンク):53.1%

という順番となっています。

基本的には

都市銀行、地銀のビジネスローンを検討して、ダメなら、クレジットカード会社・信販会社、事業者金融、消費者金融の順番にビジネスローンの利用を検討すると良いでしょう。

審査条件その9.種類

種類件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
証書貸付23488.5%11.6%
クレジットライン:ローンカードなし6264.5%35.4%
クレジットライン:ローンカードあり10172.3%27.8%

考察

審査が通りやすいのは、はじめに借りて返済するだけの「証書貸付」です。

何度も借りることができるクレジットラインが設定されるものは、ローンカードありのビジネスローンの方が審査の通過率は高くなっています。

審査条件その9.借入額

借入額件数1社目審査通った1社目審査落ちた
全体32285.1%14.9%
~5,000円未満25100.0%0.0%
5,000円以上~10,000円未満771.4%28.6%
10,000円以上~20,000円未満333.3%66.7%
20,000円以上~30,000円未満560.0%40.0%
30,000円以上~50,000円未満3100.0%0.0%
50,000円以上~100,000円未満966.7%33.3%
100,000円以上~200,000円未満850.0%50.0%
200,000円以上~300,000円未満683.3%16.7%
300,000円以上~500,000円未満1989.5%10.6%
500,000円以上~1,000,000円未満3677.8%22.3%
1,000,000円以上~2,000,000円未満4185.4%14.6%
2,000,000円以上~5,000,000円未満5088.0%12.0%
5,000,000円以上~10,000,000円未満3393.9%6.1%
10,000,000円以上~20,000,000円未満2095.0%5.0%
20,000,000円以上~30,000,000円未満17100.0%0.0%
30,000,000円以上~50,000,000円未満9100.0%0.0%
50,000,000円以上~1億円未満8100.0%0.0%
1億円以上~2360.9%39.0%

考察

  • 1億円未満であれば、借入額が大きい方が審査の通過率は高くなっています。
  • 1億円を超えると、審査の通過率は低くなってしまいます。
これは、1億円という規模で貸し倒れリスクを負って融資できるビジネスローン会社が少ないことが理由と考えられます。

まとめ

審査に通りやすい条件は

  • 経営者の年齢は高い
  • 都市銀行、地方銀行、信用金庫
  • 社員数は、20名以下
  • 月商は、3,000万円以上~5,000万円未満
  • 利用回数は、少ない方が審査に通りやすい
  • ビジネスローン利用の経緯は、「運転資金不足」「新規事業立ち上げ」「事業移転」などが審査に通りやすい
  • 資金使途は、「設備投資」「取引先への支払い」「つなぎ資金」「従業員への給料支払い」などが審査に通りやすい
  • 証書貸付が良い
  • 借入額は、1億円未満であれば大きい方が審査に通りやすい
  • 西日本の方が審査に通りやすい

という結果となっています。

teacher
ビジネスローン審査に落ちてしまった方やビジネスローン審査に不安のある方は、上記のような条件に沿うような方でビジネスローンに申し込むと良いでしょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。