新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンを徹底検証。他社と比較して判明した強み・弱み、金利・審査・即日比較と口コミ評判

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンとは

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンは、新生銀行の100%子会社である 新生インベストメント&ファイナンス株式会が提供している事業者向け(個人事業主・法人)の不動産担保ローン(不動産担保ビジネスローン)のことを言います。

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンの特徴は「新生銀行グループの信頼性」「変動金利を採用」「上限金利が低金利」「対応エリアは、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城南部のうち、東京都心並びに近郊地域」「最大10億円の借り入れが可能(1物件あたり最大5億円)」「親族の不動産も担保にできる」「最短1週間での融資」「最長35年の借り入れが可能」「事務手数料は借入額の2.0%(税別)」などがあります。

新生銀行グループの信頼性と、変動金利を採用しているからこそできる低金利の金利設計、さらに最大10億円、最長35年の借り入れが可能という条件は、不動産担保ローンでの高額な資金調達を検討している法人経営者におすすめできる不動産担保ローンとなっています。

デメリットとすれば、変動金利を採用しているため、借り入れ中に金利が上昇する可能性があることと、低金利の不動産担保ローンですので、審査が厳しいことが予想されます。

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン商品概要

不動産担保ローン名
プラン名
下限金利
上限金利
事務手数料(税別)
金利タイプ
融資金額最大
融資スピード
最長返済期間
申込み可能エリア

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンメリット

  • 新生銀行グループの信頼性
  • 変動金利を採用
  • 上限金利が低金利
  • 対応エリアは、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城南部のうち、東京都心並びに近郊地域
  • 最大10億円の借り入れが可能(1物件あたり最大5億円)
  • 親族の不動産も担保にできる
  • 最短1週間での融資
  • 最長35年の借り入れが可能
  • 事務手数料は借入額の2.0%(税別)

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンデメリット

  • 変動金利を採用しているので金利上昇の可能性がある
  • 低金利のため、審査が厳しい

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンおすすめポイント

consultant

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンの最大のメリットは「銀行グループの不動産担保ローンである点」です。

  • 新生銀行グループの信頼性
  • 最大10億円の借入が可能
  • 最大35年の借入が可能
  • 変動金利の場合、上限金利が5.5%という低金利

と、銀行で融資を受けるのと、変わらないレベルでの借り入れが不動産担保ローンで実現できます。

信頼性の高い、低コストでの資金調達を検討している方におすすめできる不動産担保ローンとなっています。

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンおすすめできないポイント

consultant

銀行グループの不動産担保ローンだからこそ、低金利な反面

  • 審査が厳しい
  • 提出資料は多い

というデメリットがあります。金利が低金利に設定されているということは、審査が通りにくい、審査が厳しいことを意味するため、審査面で不安を感じる方にはおすすめしにくい不動産担保ローンとなっています。

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン金利

不動産担保ローンの中では上限金利は比較的低めの設定です。変動金利の場合は、上限金利が5.5%という低金利です。

プラン名
下限金利
上限金利
金利タイプ

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン事務手数料

事務手数料は、借入額の2.0%(税別)と一般的な不動産担保ローンの設定です。

プラン名
事務手数料(税別)

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン審査

銀行グループの不動産担保ローンで、最大10億円の借り入れが可能、低金利ですので、その分審査は厳しくなってきます。審査面で不安のない方におすすめです。

プラン名
申込み可能エリア
申込み可能年齢
その他の申込み条件
家族保有不動産の担保可否

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン限度額

限度額は最大10億円ですので、不動産担保ローンの中でも最も高いレベルの設定となっています。ただし、1物件あたりの限度額は最大5億円です。法人で高額な資金調達が必要な場合でも、対応可能な借入額と言えます。銀行グループの不動産担保ローンだからこそできる高額設定です。

プラン名
融資金額最低
融資金額最大

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン毎月の最長返済期間・最低返済額

返済方法は元利均等返済、元金均等返済が選択可能です。最長借入可能期間は35年(420回)です。

プラン名
最長返済期間
返済方式

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン融資スピード

融資まで最短1週間で可能です。ただし、審査が厳しく、提出書類も多いため、1週間以上かかる可能性もあります。

プラン名
融資スピード

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン申込条件

必要書類

プラン名
申込必要書類

申込可能年齢・申込可能エリア

プラン名
申込み可能エリア

担保・保証人

プラン名
担保
家族保有不動産の担保可否
保証人

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローンご利用までの流れ

  1. 【利用者】 WEBでお申込み
  2. 【不動産担保ローン会社】 ヒアリング
  3. 【利用者】 必要書類の提出
  4. 【不動産担保ローン会社】 現地調査
  5. 【不動産担保ローン会社】 査定結果の提示
  6. 【利用者】 本申込
  7. 【利用者・不動産担保ローン会社】 契約・登記変更
  8. 【不動産担保ローン会社】 融資

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン口コミ・評判

新生インベストメント&ファイナンス/ 事業者向け不動産担保ローン

7.7

金利の低さ

8.5/10

知名度や安心感

8.5/10

融資までのスピード

7.0/10

審査の通りやすさ

5.0/10

限度額が大きい

9.5/10

良い点

  • 新生銀行グループの信頼性
  • 変動金利を採用
  • 上限金利が低金利
  • 最大10億円の借り入れが可能(1物件あたり最大5億円)
  • 最短1週間での融資

悪い点

  • 対応エリアは、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城南部のうち、東京都心並びに近郊地域
  • 変動金利を採用しているので金利上昇の可能性がある
  • 低金利のため、審査が厳しい
ビジネスローンおすすめはこちら
ビジネスローンおすすめ
ビジネスローンランキングはこちら
ビジネスローンランキング
ビジネスローン比較はこちら
ビジネスローン比較

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。